糸脱毛について

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛を比較

糸脱毛は、永久脱毛効果はありませんが、美肌効果も期待できる脱毛法として人気です。

 

これはその名の通り、糸を使用する脱毛法で、とても昔から行われてきたものです。
独特の持ち方で糸をピンと張って持ち、ムダ毛を絡めとるように脱毛して行きます。

 

使用するのは糸のみなので、仕上がりは施術者の腕次第となりますから、
糸脱毛を得意とするサロンを探せるかがカギです。

 

毛を引き抜いているので痛みを感じる人もいますが、
多くの方は痛みの感じ方は弱めで「ピンと張った糸で肌を撫でられるような感触」と答えています。

 

糸でムダ毛を取り除きながら、古い角質も同時に絡め取りながら除去できるため、
仕上がりの肌がワントーン明るくなるなどの効果もあります。

 

肌の老廃物を取り除くことで代謝が活性化し、アトピーなどの改善も期待できます。

 

また、ピンセットでつまみにくいような細くて見えにくい産毛まで脱毛できるので、
フェイスのような肌が繊細で産毛が多い部位にピッタリです。

 

肌にはうれしい効果が多い糸脱毛ですが、一時的にしか脱毛できません。

 

脇や腕・脚など、永久脱毛したい部位は医療脱毛をして、
他の脱毛法と糸脱毛を上手に組み合わせて活用すると良いでしょう。

 

 

 

無毛に?自然に?希望をしっかり伝えよう

 

脱毛をするなら、自分の理想の姿「ゴール地点」をきちんと決めておきましょう。

 

産毛を脱毛することは医療レーザー脱毛でも難しく、長い期間をかけて繰り返し照射することになりますが、
細い毛ばかりになってからは成果が物足りなくなります。

 

産毛まで脱毛したいなら、始めから絶縁針とのミックス脱毛など視野に入れて検討しておくと、
何年も続けてから方針転換するような無駄がありません。

 

逆に、人からはほとんど見えないような産毛は残っても満足なら、
成果の薄い産毛撃退のためにいつまでも通い続ける必要がありません。

 

脱毛をする時は、仕上がりの希望をきちんと伝えるようにしましょう。
特にVIOは、失敗できないゾーンです。
完全な無毛にしたいのか、ボリュームを調整して自然な形にするのかなどです。

 

医療脱毛は永久脱毛効果が高いので、無毛にしてしまってから
こんなはずではと思っても、元には戻りません。

 

カウンセリングは、自分の肌の状態を伝えたり料金の説明を受けるだけでなく、
どんな仕上がりを希望するかも伝える場です。

 

肌の色素状態や健康状態によっては希望通りにできない場合もあるかもしれませんが、
自分が納得できるまで話し合ってから契約を決め、満足行く脱毛を受けましょう。

 


このページの先頭へ戻る