未成年ならカウンセリングは保護者と

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛を比較

医療脱毛は、以前と比べとても身近なものとなってきたので、
ヘアサロンのように気軽に通えるようになりました。

 

しかし、脱毛は肌の奥の細胞に働きかけるものですし、
何度も通う必要性から契約を伴いますから、安易な考えは危険です。

 

料金も学生さんでも手の届く範囲に設定されている場合が多いのですが、
慎重に確認しないと思わぬ出費となるトラブルもあります。

 

多くのクリニックでは、未成年の場合は保護者の同意が必要となります。
稀に親の同意書もなく契約をさせてくれるサロンもあるかもしれませんが、
その場合は悪質なサロンの危険性がありますから特に注意が必要です。

 

契約書はとても難解に書かれていますし、契約について理解できていないと、
知らぬ間にローンを組まされたりする恐れもあります。

 

脱毛による肌トラブルの危険や金銭トラブルを回避するためには、
同意書だけで済ませるのではなく、保護者と同行してカウンセリングを受けることをお勧めします。

 

肌質も毛質の違いでも、脱毛効果が異なりますから、
他の人と同じ回数・同じ料金で脱毛できるとも限りません。

 

「友達も通っているから大丈夫」と簡単に考えず、
きちんと親御さんと話し合い、納得したうえで脱毛を契約しましょう。

 

 

前払いと後払いがある

 

脱毛には前払いと後払い、そして都度払いがあります。
脱毛をしたいけど躊躇する理由のひとつとして「料金の支払い」があり、
高いから払えないし、ローンは不安がある・・・と言う場合があります。

 

そんな時にオススメなのが、後払いや都度払いです。
後払いのところは少ないかもしれませんが、
サロンでもクリニックでも最近では都度払いができるところが増えてきています。

 

ローンを組むというのはクリニックであっても不安という方もいますし、
支払えるかどうか心配ということもあります。もちろん後払いであっても、
きちんと計画をたてていかないといざ支払になった時に払うことができないこともあるので、
気をつけなくてはいけません。

 

それならば、都度払いにしておけばお金がないときは無理して脱毛をすることがないので、
金銭的にも負担がかかりませんが、
間が空きすぎてしまうと続けてきた意味がなくなってしまうことがあるので注意しましょう。

 

痛みや効果などを重視するよりも一番はやはり継続できる脱毛を選ぶことです。
先払いやローンを組んで後悔をしたくないというのであれば、
支払いについて最初に良く考えてください。

 

また、なるべく早く終わらせたいなら、短期間でしっかりした効果を実感できる医療脱毛をオススメします。

 


このページの先頭へ戻る